分岐点のメッセージ

JUGEMテーマ:パワーストーン

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

今回の展示販売会が、

 

1111という日を挟んだ前後だったので。

その場に光の柱が立つことをイメージしていました。

 

それはイメージの中での話だったのに、

 

何故か、

本当に立つんだな"(-""-)"と、ありありと実感した瞬間があったんです。

 

虹を魅せるものもあり、

純白のものもあり、

 

光の柱って立つんだなって思っていた時に、

 

響いてくるようなメッセージがありました。

 

統合へのプロセスも真っただ中。
大規模な配置換えのようなエネルギーが来ている中、

「何を選んでも、どこにいても、大丈夫だよ。

自分のペースと選択への信頼が、すべての道を照らすんだ。」

 

それは、何か大きな安心感をもたらす、

暖かい響きではありましたが、、、、

 

が。

 

頭でそういう概念が分かっていても、腑に落ちなければ何の役にも立ちません。

一瞬気が休まるだけで、頭の中を右から左に通り過ぎていくんですから。

 

何度か同じメッセージが響いてきた後。

 

私は自らの望みを、その光の響きに向かって投げました。

 

「こういう事か!素晴らしい教えをありがとう!」

と、私が手に取るようにわかる体験を持ってして、

教えてほしいものです。

 

何故かこの光の柱が出現している前後数時間は、人が引いておりました。

 

展示販売会に人払いをしないでほしいなーと思いつつ、

きっと大切な事が起きているであろうから、

ありがたいことですと手を合わせました。

 

その後、

夜に居合わせたお客様やスタッフやみんなで、

ワイワイ夕飯を食べた帰り道。

 

車で来ていたので、首都高に乗りました。

 

休日のせいか道路はすいており、いつになくスムーズ。

いつもは大渋滞の箱崎も、まったく混まず、

私は素晴らしい流れに乗っている気分で、

昼間の光の柱に感謝しました。

 

その直後。

 

若干ボーっとしていたこともあり、

ナビが「左」に行けと言っているのに、

エリックもそっちじゃないよと言っているのに、

聞きもせず、

 

分岐点で。

 

私はうっかり「右」に行ってしまいました。

 

それでは自宅にたどり着かぬので、

次の高速出口で降りることになりました。

 

平日では絶対にあり得ない、せっかくスムーズな流れだったのに、、、

私バカじゃないの!

 

と、心の中で延々と自分を責め始めた時に。

 

宝町と書かれた首都高速出口を出た時。

 

昼間のメッセージが、どこからともなく胸に響いてきました。

 

「何を選んでも、どこにいても、大丈夫だよ。

自分のペースと選択への信頼が、すべての道を照らすんだ。

 

現実は、あなたが瞬時に変えられる。」

 

え、じゃあ、うっかりスムーズな流れから、

道を間違えても大丈夫ってこと?

 

そもそも間違えじゃなかったってこと?

 

と、疑問が頭の中を巡りながら、

自分を罵倒する心の声は止みました。

 

ナビは新川のほうへ行けと言っています。

 

そこから自宅までほぼ一本道とは、知りませんでした。

 

そして、地下鉄に乗っているときに通り過ぎていく、

下車したことのない駅前を、一つ一つ通り過ぎていきました。

 

今まで知らなかった街並みを見ながら、

あの駅って、降りるとこんなだったんだー!と、

楽しくなり。

 

門前仲町の駅前に差し掛かると、アーケードのような街並みが、

なんとなく京都に似ているものですから。

京都大好きのエリックは、すごく気に入ったらしく、

何度もなんて駅?と聞くので、

 

「門前仲町」と言っているのに、

発音がうまくできない模様で、

 

「モンジェンナカチョウ、モンジェンナカチョウ」と、

不思議なマントラのように唱えてました。

 

それが可笑しくて、大笑いしながら。

 

高速を降りたところで、

下も道は空いていたので、今まで知らなかった駅前景色を楽しみながら、

 

今日は私が間違えてよかったね!

 

と、とても楽しい気分で家に着きました。

到着時間は、高速で帰った際の予定時刻と5分と変わらず、驚きました。

 

その日は楽しい気分で眠りにつくと、

 

真夜中に光の珠が飛びました。

カルサイト 虹玉 ミーアクリスタル

 

”新たな流れに合流するには、楽しい、いい気分でいることが大切なんだ。

自分を責めていたり、誰かを否定していると、その流れが見えなくなってしまうから。

 

自分の辿った道が間違えだと責め続けたところで、

光の扉は決して開かないんだ。

 

右か左に正解があるんじゃないんだよ。

上が良くて下がダメな訳でもないんだ。

 

偶然を装って、スピリットが導いた道に、

1つでいいから光の側面を発見したら、それを楽しむんだ。

3つの気に入らないことがあっても、かまわない。それに囚われず、

1つの光の側面に感謝すれば、次の光に繋がる。そして扉が開くんだ。

そうやって、自分の意思で光を繋げていくんだよ。

 

光の側面を即時に発見すれば、現実は瞬時に変わる。

繰り返すうちに、きっとわかるようになる。

 

そうすれば、いつか自らの内の宝物に出会えるよ。

 

君が降りたのは宝町だったろう?”

 

うわー、そういう事か( ;∀;)、、、その冗談みたいな偶然は、

スピリットにしかできない技。。。なんか腑に落ちました。

ありがたいことです、、、

 

と、再び眠りについた翌日。

 

今日は絶対間違えないぞ。と、首都高に乗った帰り道。

 

エリックが「モンジェンナカチョウ、モンジェンナカチョウ」と呪文を唱えたので、

きっとどこかで潜在意識にインプットされてしまい。

 

気を付けていたのに、また同じ分岐点であり得ない間違いにより、

宝町で降りました(笑)。再び大笑いしながら、

 

色々学んだ帰り道。

 

瞬時に光の側面を見つける訓練中。

 

LOVE

ミーア

 

PS.因みに期間中ずーっと、繋がるみんなの繁栄をお祈りしていました☺

光の柱が立って嬉しかったです!

ミーアクリスタルショップ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

メールマガジン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM