闇の守護者

サンマリーでの石との出会いの日々も終わり、その帰り道。

荷物をホテルに置くと、私達はその足で山のトレイルに向かった。
滞在先のサンディエ(Saint-Die)の町の山に、登りたかった。

どれだけ体力あるんだろーねー、私達。
朝から照りつける日差しの中を、重たい石をもって歩き回ったというのにね(笑)

不思議と自然の中に入ると、力が湧いてくる。
まるで足の裏から、湧き出す泉みたいに、エネルギーが湧いてくる。
疲れを忘れてく。

日暮れが夜の9時過ぎにやってくるフランスは、一日が長かった。


民家を通りぬけ、道端に生い茂る花に見とれながら、
ひたすら歩いた。




最後に買った2つの石の事が、ずーーーっと頭の中に巡ってた。
予算オーバーで、4回くらい店に行っては諦めてを繰り返し、
やっぱり最後に諦めきれずに買ってきた石が2個ある。

だって最後まで、残っていたんだもの。
私を待ってたに違いない!

リュックにその石達を入れて、歩いてた。







一杯石の入ったリュックは重いし、日差しは暑いのに、
何故か道を歩く事が心地よかった。





フランスの田舎町が大好きになった。
人が、空気が、暖かい。


延々と歩き続けて、ふと気がつく。
私達はどうも道を間違えた。


きっと民家を通り抜けるあたりで、間違ったんだろう。
歩けど歩けど、山のトレイルのサインが出てこない。

引き返すには、かなり遠くまで来ていた。

どうしようか?

このままこの田舎道を、散歩してみようか?

雲が手招きしてるように見えたから、
知らない一本道を歩き続けた。


道


歩き疲れて、道端に座り込み、石の写真を撮り始めた。



ドラゴンの光を宿した、ナミビアのスモーキーアメジスト。

ドラゴンクリスタル

太陽の光が差し込むと、一際美しかった。
瞳が、石の光に吸い込まれていった。。。



そしてもう一つは、イタリア人のおじいちゃんから買った、ブラックファントム。
古い古い大切なコレクションだからって、あまり値引きしてもらえなかった。
ミーアが4回もウロウロと行ったり来たりするもんだから、
おじいちゃんも笑いながら、これは君の石だよって言っていた。

ブラックファントム

左右完全に対象に、山形のラインが浮かぶ、
まるでどこかへ続く扉のような形をした、神秘的な石。

太陽が、この石のボディを包み込むように照りつけた時、
ミーアの意識は、不思議な光景を見始めた。

どこか雲の上なのか、、、薄暗い世界に、
美しいシルバーグレーの神聖な光のローブを着た人たちが8人いた。

その光があまりに美しくて、
灰色が美しいって、この時始めた知った気がしてた。

その8人は、雲の合間にポッカリあいた穴を覗いて、
皆で両手を翳して光を送っていた。

その穴を覗いてみたくって、そっと後ろから近ずくと、
一人のローブがこちらを向いた。

顔はまぶしくて見えなかった。

「私達は、地上に降りた闇の守護者達に光を送り続けています。
どんな時も、必ず8人の光が彼らと共にいます。」

そう言って、雲の穴をのぞかせてくれた。

美しく雄大な川の流れが見えた。
ある地点にくると、その川が淀み、黒く渦を巻いたような光の差し込まない場所が現れた。

アレはどうしたの!?って、聞いてみた。

「受け継がれ続ける、生命の光の川が、淀みを作ってしまった時、

未来の子供達が、美しい光の中に生きる事ができるようにと、

もっとも慈愛に満ちた”闇の守護者”の魂達が、その光の当たらぬ場所へと

降りていきます。私達8人の光と共に。」


話をしてくれた人とは、別のローブが手招きをして、
地上に降りた、闇の守護者の姿を、雲の隙間からかいま見せてくれた。

誰もが子供の頃は、周囲で一番優しい子だと、言われてた。
思いやりが深く、慈愛に満ちた瞳が、特殊な光を放ってた。

それは、雲の上のシルバーグレーのローブの光とそっくりだった。

懐かしいような、なんだか切ないような、
言葉に言い表せない思いが、胸に込み上げた。

大人になった一人は、
まるで自分の生まれた場所を清めるかのように、
体にお酒を流し続けていた。


大人になったもう一人は、
感情という川の流れがほとんど流れなくなり、淀みを作り出していた。
さっき雲の合間からみた、生命の川と同じように、、、
普通の暮らしから、遠ざかって行った。

その後何人かを見続けた。

これってもしかして、世間では厄介者と呼ばれる人達の中に、
慈愛に満ちた”闇の守護者”達が働いているってことなの??

私は一体今、何を見てるの??

ハートは答えを知っていたけど、ローブ達に問いかけ続けた。

でも、誰も答えてはくれなかった。


その瞬間に、秋さんの叫び声が響き渡って、我に返った!


「馬がいますよ、馬ーーーーーー!!」


ビックリして振り返ると、野っぱらに馬が現れた。びっくりびっくりびっくり


通りがかりの馬


アッチの世界とコッチの世界が交差しながらも、
都会育ちのミーアにとっては、超嬉しい光景に出合って、

馬に見惚れてた☆

そして思った。

今の出来事が、昼間の夢か、妄想か、はたまた空想か、
それでもミーアのハートの世界の真実の光をかいま見てたんだって、
そう感じた。

どんな場所に、どんな形で生きていようと、
闇の守護者達の宿す、深遠なる瞳の光に出会ったなら、

心からの感謝を捧げよう。

そしてその瞳を見つけられる、自分でありたいと思った。


「そろそろ戻ろうか?」

どちらともなく声をかけて、
あの一本道を帰る道すがら、美しい雲が合図した。

アリエルの雲

大天使アリエルの光が、雲を通して私達にほほ笑んだから、


間違いだらけの私達の旅の全てが、これで良かったんだって、
そう思えた。


サンディエの山には、またいつか登りにこようね☆
そう秋さんと約束した。


偉く長くなったフランスの旅ブログですが、お付き合い下さった皆様、
本当にありがとうございました!!

気がつけばもう8月、そろそろこの辺で締めくくります(笑)


そして、展示販売会にお越し下さった皆様、
お会いできて、楽しい話を沢山聞けて、嬉しかったです^^
ありがとうございました!15日も楽しみにしております〜☆


LOVE&LIGHT
ミーア

ランキングに参加しております☆

ミーアクリスタルショップ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

メールマガジン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM