ショートメッセージ

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

JUGEMテーマ:パワーストーン

JUGEMテーマ:天然石・原石・ルース

 

 

ショートメッセージ、

それは、携帯の話ではありません。

インスピレーションを通じてやってきた、ショートメッセージのお話です。

 

2020年、最初の新月へと向かう、

夕暮れ時。

 

その日はショップを更新しようと、私は田舎のアトリエに籠って仕事をしていました。

 

予定よりも、5,6個少ない更新になったのは、

作業が乗りにのっていた夕暮れ時。

 

これも最後の一個になったなーと、

アルゼンチン産のインカローズエッグを眺めていると。

 

アルゼンチン産インカローズ ミーアクリスタル

 

小さいながらも、広がるようなピンクが美しくて、

ちょっとボーっとしていると。

 

美しい光が、玄関から入ってきました。

別に姿があるわけではないけれど、老婆のような智慧を持った存在でした。

 

「最初の大仕事だ。

湖まで走っていって、見届けておくれ。

使いの者が、光と落ち合えるのかどうかをさ。

 

今回の新月っていうのはね、最初に、原初に戻りますってことなんだよ。

 

湖には女神がいるんだ。

 

その女神がだ、再誕生すると決めたなら、

きっと使いの者が現れて、間に合うはずだよ。

 

そうでなかったら、、、

この会話は忘れるんだね。

 

いいかい、今日の夕焼けが、そのあんたの手の石のような色になったら、

始まるよ。」

 

一方的に飛んできた光を受け止めたら、

そんなようなことを伝えておりました。

 

私は、

 

「あのー、最初から最後まで、意味が分からないんですけど。」

 

と、伝えた所。

 

 

「分からなくっていいんだよ。

 

頭で理解しようなんて思ったって、無駄な話さ。

 

次元が違うんだから。

 

あんたが書けば、伝わる人がいるんだよ。

 

ピピピとね。

 

いいね、頼んだよ。」

 

 

そう言って消えそうになったから、

 

「あの!私今日はショップの更新で、忙しいんですけど!

 

湖に散歩してる場合じゃ、、、」

 

と、言いかけてる途中で、消えてしまいました。

 

今日はそんな夕焼けになるのかなー?と訝しげに思いながら。

 

聞かなかったことにして、

仕事に没頭しよう!と、パソコンに向かう。

 

 

しばらくして、あまりに窓の外がピンク色になってきたものだから。

 

思わず外にでてしまい。

 

落ちていく太陽を見たら、胸が高鳴ってしまい、、、

湖迄走っていきました。

 

湖畔の夕焼け ミーアクリスタル

 

 

空は本当に美しい赤ピンクに染まり。

 

落ちる寸前の太陽が、流れ込んだような雲にかかり、

金色に光っていました。

 

その全体像が、絵のようで。

 

湖畔の夕焼け ミーアクリスタル

 

わー!!美しい!湖の神様、ありがとうございます。

と、手を合わせると。

 

さっきの会話が急に沸き上がるように思い出されてきて、、、

 

 

「湖には女神がいるんだ。

 

その女神がだ、再誕生すると決めたなら、

きっと使いの者が現れて、間に合うはずだよ。

 

そうでなかったら、、、

この会話は忘れるんだね。」

 

 

その瞬間に、鳥なのか亀なのか、

から大慌てにやってくる存在があり。

 

私は笑いを堪えながら、間に合ってよかったね。って言いました。

 

湖畔の夕焼け ミーアクリスタル

 

落ちる寸前の太陽が、「北から始まります」と一言だけ残した、

ショートメッセージ。

 

私は最初から最後まで、意味不明ですが、

喜びが込み上げてきたから、そういう事なんだと思います。

 

何故か今日の夜になって急に書かなきゃ!と思ったから、

そんなタイミング☆

 

LOVE

ミーア

 

ミーアクリスタルショップ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

メールマガジン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM