タスマニア最後のオチ 〜絶叫〜

タスマニア旅行も最終日。

空港から15分の小さなB&Bに前泊する。
なにせ、早朝のフライトなので、朝の5時には空港に行かなければならない。

本当に沢山のメッセージをくれたタスマニア旅行に思いを馳せながら、
眠りにつく。

朝4時、目覚ましで起きる。

B&Bは誰も起きておらず、一人きり車に乗り込む。
辺りはまだ、真っ暗闇だった。
出発前に地図を確認!

その時になって気がついた。
ゲゲゲ!!空港までの道路が、ミーアのいるSorellという所から、
ほぼ全部、海の上を走っている。

ホバート空港 地図

闇夜に一人で海の上走るなんて、、、他にも車がいればいいけど、、、

若干不安になりつつ、車を走らせる。

そしてすぐ、人っ子一人、車一台走っていない事に気がついた。

もちろん街灯など無い暗闇で、ライトをハイビームにして目を凝らす。
キェ〜!!両側から、真っ暗闇な、海のうねりが襲ってくる気がしてしまう。

ヤヤヤ、ヤバイ。マジで怖くなってきた。(←実は夜の海が大の苦手なミーア)
ハンドルを握る手に冷や汗が滲む。

夜も、一人も、暗闇も、ちっとも怖くないけれど、、、

夜の海は怖いのだ〜
・°°・(*>_<*)・°°・。

気を紛らわそうと、ラジオをつけようと手を伸ばした時、、、
何処からとも無く、ハートに力強い声が響く。

「又切り離してはダメ!
恐怖心を全て湧き上がらせて、感じつくして!

感じつくした感情は、癒されて、消えていくから。
ハートの黒いエネルギーを、全部、この海に解き放って帰りなさいな。」

そ、そ、そんな、、、
感じつくすって、そんな怖いこと、、、、

やってみよ。(←以外に素直なミーア)

静かに感情の流れを感じると、すごい恐怖心が湧き上がってきた。

で、とりあえず、叫んでみた。

「ギャ〜〜〜〜〜〜!怖いよ〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
「ギャ〜〜〜〜〜〜!!」
「ギャ〜〜〜〜〜〜!!」
「ギャ〜〜〜〜〜〜!!」

叫んでる間に、橋は終わっていた。

ふと、我に返る。

どうなのよ?一人で車の中で絶叫する女って。。。

今度は、自分が可笑しくなって、笑いがこみ上げてきた。

無事空港に到着し、ベンチに腰を下ろす。

体中が熱く、妙にスッキリし、とってもとってもハートが軽くなったような気がした。

時計を見ると、AM4時40分。

絶叫のせいか、お腹が減り、カウンターで巨大なマフィンを買って、パクッ!

そこでまた、、、どうなのよ?朝の4時から腹ペコな女って??

そう思いながらも、、困ったことに、こんなアホな自分を、この上なくアイシテル☆

タスマニアの最終日、人生で初めて、暗闇に宿る、「大きな愛」を感じた瞬間だった。

そして、この時から、私の中で切り離し続けてきた、「暗闇」という存在が、
大きく変容を始めている。きっと、向かう先は「統合」なのだろう。

まだまだ書きたいことはあるけれど、この辺で☆

旅ブログにお付き合い頂き、本当にありがとうございましたv(≧∇≦)v

タスマニアLOVE
ミーア


今日は何位かニャン♪クリックありがとう〜





ミーアクリスタルショップ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

メールマガジン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM