カトマンズと京都

JUGEMテーマ:日々徒然

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

 

あれは確か、6〜7年前の事、、、

 

ネパールのカトマンズ。

お香の強い香りが立ちこめる、混沌とした街の路地裏で。

 

どうしてか、

鍵型に光が抜けて行くように感じる、

細い細い路地に佇む小さなカフェ。

 

私は1冊の本を、夢中で読みふけっておりました。

それは今では、アニメにもなっている、

森見登美彦さんの有頂天家族という本でした。

 

”千年の都・京都。

ここでは古来より、人に化けた狸と天狗が、

人間社会に紛れて暮らしていた 。

 

そんな狸の中でも下鴨神社の糺ノ森に暮らす下鴨家の、物語。”

 

あまりに面白く、時に愛情あふれ、

笑いをこらえつつ、時に涙ぐみながら、

いつしかすっかりと物語の中に入り込んでいき、、、

 

自分がカトマンズにいる事も忘れ、

京都の狸や天狗の物語の中に、空想が膨らみ、、、

 

数日かけて読み終えると、

私はその本を無くしてしまいました。

 

何処かに置き忘れたのか、、、どうしたのか?

大事な仕事の事も書き留めたので、

どうしたものかと思っていた所。

 

しばらくしてから、

ホテルに設けられた、ゲスト用の本棚で、

その本に再会しました。

あの時の、私の走り書きが記されていたので、

自分が無くした”その本”だとすぐに分かりました。

 

この偶然も、きっと必然。

パラパラとページを捲りながら、

天狗や狸たちの痛快な物語に、再び引き込まれていき、、、

 

同じカフェに行き、再び京都が舞台のその本を読みふける。

 

2度目が読み終えた時、

私の、空想が始まりました。

 

私の石達を、京都で並べてみたい、、、

人に紛れた天狗や狸が見に来てくれたら、

ものすごーく面白いのに!

 

石のように見えるけれど、

本当は純粋な光だってわかるかしら?

 

などと、

空想なのか願望なのか分からないけれど、

何処からともなく溢れてくる思いがあり、、、

 

本を片手に、思い耽っていると、

 

在る瞬間に、

あ、今空想の域を超えた気がした!

と思う瞬間がありました。

 

しかしながら、

当時は結婚をしてネパールに身を移したばかり。

 

そんな事は、自分の現実とは遠くかけ離れていたので、

空想にとどめて、

ミントがギュウギュウに入りすぎている、アイスティーを飲んでいた。

 

表では、バイクのクラクションが鳴り響き、

埃立ち込める中人々が行き交う、

混沌としたカトマンズの街中で、

京都の物語に強い思いを馳せて、、、

 

その後、あまりにも不慣れな生活に、

人生に一抹の不安を抱えながらも、

自分の決断を信じることとし、

ネパール暮らしに没頭していきました。

 

ネットショップ店長の私を、

停電の波が襲いつづけ、電源確保に右往左往。

命綱でもあるWIFIが切れまくる、サバイバルな生活に忙殺され。

 

京都の夢物語の事は、すっかりと忘れていきました。

 

その後、

人生は思いもよらぬ展開が、流れるように展開を重ねていき、、、

 

つい先日。

私はネパール人の夫エリックの仕事を手伝う傍ら、

京都のミネラルショー、「石不思議大発見展」に出ておりました。

 

夫のHimalayangem'sNepalで、ヒマラヤ水晶の傍らで、

私の石も並べ、、、(↑開店準備中)

 

出展させてもらうのは、今回が2度目。

 

一度目の時は、初めてでとても緊張していたのか、

思い出しもしなかったのに、、、

 

今回、自分の並べた石を、ショーケース越しに眺めながら、

人足も遠のいた静かな時間に、ボーっとしていると。

一人の通りがかりのおじさんが、私をからかいました。

 

「それちょうだい、

 

アレ、石かと思ったら、人かいな!

 

あかんで、アンタ、そんなところで石の振りしよったら。」

 

ケラケラと笑いながら、

通りがかりのその方とおしゃべりを楽しむ間に、

 

私の意識の中で鮮明に、

 

あのカトマンズの路地裏のカフェで、

読みふけった本の事を、狸や天狗の織り成す物語を思い出し。

空想の域を超えた!と思う程、強く思った、

京都で石を並べてみたい、、、という思いを、

 

何故か急に思い出してしまい、、、

 

あれから何年も経っているというのに、

 

まるで、カトマンズのあのカフェと、

今ここが、同時に起きている錯覚に陥り。

 

時間と空間は一体どこへ消えたんだ!と、

一瞬クラクラとした体験がありました、、、

 

自然に溢れてくるような強い思いは、

時間と空間を超えるのか?などと思いながら、

 

その後、

その場にいる事自体が、スゴイ事のように思えてきて、、、

 

とてもありがたい時間を過ごすことが出来ました。

 

京都ショーでお立ち寄り下さった皆様、

心より御礼申し上げます。晴れ

 

ショーが終わると、

 

鞍馬山にも行ってきました。

駅を降りると、巨大な天狗の顏に遭遇。

ワーイ!念願の天狗に会えた!と、

鞍馬山を木の根道も通って歩き倒し。

 

 

思いがけず、

カトマンズと京都が、

私の中で数年の時を経て出会ったように思う、

出来事でした。

 

このブログを書くにあたり、

久々に有頂天家族をネットで検索すると、

2冊目が出ているではないですか!

 

次にカトマンズに行く時に持っていき、

またあの同じカフェで読みたいな、と思う次第。

 

カトマンズ&京都

LOVE

ミーア

 

 

コメント
ミーアサンが夢中になって読んだという「有頂天家族」
読みたくなって早速アマゾンに注文しました。2冊まとめての大人買い(笑)届くのが楽しみです。教えてくれてありがとう。
  • すみ子
  • 2017/10/15 1:51 PM
すみ子さん、

コメントありがとうございます(*^_^*)
スゴイ!大人買い(笑)
私も懐かしくなって、また読みたくなりました。
アニメも見てみようかな^^
  • Miah
  • 2017/10/15 9:18 PM
こんにちは☆
有頂天家族のこと、始めて知りました!
主人の実家が糺ノ森で、今でもうちの名前のビルが鯖街道沿いに佇んでいます。あの森と神社で、不思議?な体験を沢山しました。今度は糺ノ森からネパールへと、私も繋がらないかなあ。
京都のショーに行ってみたかったです(^^)
これからも、素敵な光たちを楽しみにしております!
  • totto
  • 2017/10/16 4:11 PM
tottoさん、

コメントありがとうございます(*^_^*)
ご主人の実家が糺ノ森とは!!この本是非読んでみてください〜。きっと面白いと思います^^
そうそうネパールと言えば、その後京都の宿で、ネパールと凄い繋がりの人に出会ったので、またブログに書こうと思います(笑)京都の石不思議大発見展も、機会があれば是非〜〜☆
  • Miah
  • 2017/10/16 6:27 PM
コメントする








    

ミーアクリスタルショップ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

メールマガジン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM