7つの奇石、石が好き☆

古くから密教系の山岳信仰の場であったと言われる、

堅破山の山に登り始めると。

 

一番最初に不動石がありました。

 

竪破山

不動明王の石像が、巨石の上に奉られ、

ずっと清水がこの巨石を伝って流れ出ていました。

 

その先に、手形石というのがあり、

大きな岩に、手形の凹みがありました。

 

「手形石を通って、山頂へ行き、石の胎内で休んで帰っておいで。」

とだけ言われて来たのですが、

 

手形石に触れて先に進む。

 

その先で、駐車場で「コンニチハ!」と挨拶した方が、

細い道の上にいました。

 

再び、「コンニチハ!」と声を掛けると、

横にあった岩の上にわざわざ登り、

無言のまま道を開けて、先に行くようにと、

通してくれました。

 

通り過ぎてから。

目の前が大きく開ける様な気持ちになり。

光が差しこんでくるようでした。

 

何故か私は、石が大好き、、、

 

という思いが湧き上がり。

 

持ってきたヒマラヤ水晶「山の石」の写真を撮って眺める。

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶 ミーアクリスタル

(↑ダチュラ/西ネパール産、新産地です!)

何がそんなに嬉しかったのか、今となっては分かりませんが、

何かが振り切れ、すっかりこの後、

巨石の写真を、撮り忘れました(笑)。

 

7つの奇石があると言われる山。

 

全てをゆっくり眺めながら登っていき、

山頂付近には甲石というのもありました。

 

岩の上に樹が、、、根が、、、グルグルしてました。

木の根によって石が開口しているそうです。

 

​竪破山

 

ここから延々と階段を見上げるほど登っていき、

 


黒坂命(くろさかのみこと)を祭神とする、

黒前(くろさき)神社をお参り。

 

その先に展望台。

竪破山 山頂展望台より

 

更に先にある、洞窟のような胎内石で、一休み。

神様もこの洞窟で休んだそうです。

 

 

きっとこの山で一番の見どころであろう、

太刀割石。

 

​竪破山 太刀割石

 

1080年(寛治元年)、奥州遠征途上の八幡太郎源義家が黒前神社に戦勝祈願をした際、

夢に現れた神に授けられた太刀を大岩に振り下ろすと、

真っ二つに割れたという言い伝え。

 

凄い大きさで、スパッと割れたような石の面を魅入ってました。

 

透明な光る石が好きだけど、

このような、光らぬ巨石も何か心に響くものがあり、

 

何処からともなく、

石が好き、、、の思い込み上げる。

 

こちらは持ってきた「風の石」10年来の私のお気に入り。

バイオタイトが水晶の中に立ち昇っているのですが、

先端の中心に丸く穴が開いています。(ガネーシュヒマール)

ヒマラヤ水晶 ガネーシュヒマール産 ミーアクリスタル

 

滝を眺めて、2時間ちょっとで戻ってきました。

 

普通なら、どこか目的地に向かう時。

下調べをして地図で場所を確認し、ある程度の情報を頭に入れて行きますが。

 

何故かここに来る事を薦めたご老人が。
 

いらないものが落ちて、人生を楽しむ術を知りたかったら、

何も計画も立てずに、調べずに行ってみるといいさ。

 

と言っていたのを思い出しながら、、、

 

そうするつもりだった訳ではないですが、

急に行こうと思い立ったので、何も調べず来てしまったな。

 

思いも寄らない海辺の巨石に出会ったり、

バックにお財布と携帯とハンカチしか入っていないのに、

一泊してみたり。

 

何をあんなに恐れてたのか、

何か霧が晴れたような気分になり、

 

ありがたい巨石の聖地巡りとなりました(^.^)

 

【展示販売会のお知らせ】
11月10日(土)〜11月13日(火)の4日間、

早稲田駅周辺のギャラリーにて久々の展示販売会を行います(*^_^*)

詳細は後日ブログやメルマガにてご連絡致します。
ご興味あるかた、是非空けておいてください!

 

LOVE

ミーア

 

 

コメント
コメントする








    

ミーアクリスタルショップ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

メールマガジン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM