グランドキャニオン、神々の神殿

JUGEMテーマ:旅写真

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

JUGEMテーマ:パワーストーン

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

ゴシュナイト、モルガナイト、勾玉。ミーアクリスタル

モニュメントバレーから、グランドキャニオンへ。

星空をワープするようなドライブを楽しんだ後。

 

グランドキャニオン国立公園内のロッジに泊まり。

翌朝。

 

グランドキャニオンの夜明け ミーアクリスタル

 

夜明けの空の色に魅入っていると、

人生初めての、

光の遭遇、そして超越体験なるものをした時の事を思い出しました。

アドレナリンが噴き出す感覚、そして目に見える景色との境が消えた瞬間。

それもここ、グランドキャニオンのブライトエンジェルトレイルだったな、、、

と、懐かしく思い出しながら。

 

歩いたのは2004年だから、15年も前!↓その時のブログ。

グランドキャニオン ブライトエンジェルトレイル 〜ワンネス〜

 

静かに静かに、夜が明けていきました。

 

グランドキャニオンの夜明け ミーアクリスタル

 

光がさした光景は清々しく、何かが開かれるようでした。

 

グランドキャニオン ミーアクリスタル

 

私たちは、いくつも存在するビューポイントを、

端から端まで回り。景色を楽しみました。

 

その途中、何頭もの野生動物に遭遇。

 

アリゾナ州 グランドキャニオン ミーアクリスタル

 

最初はワイルドホースかと思っていたけれど、

その後この動物が、私にとってとてもとても重要な、

神々様へのストーリーへと、繋げてくれることになるとは、

思いも寄らず。

 

近寄ってみると、こちらを見てくれました。

 

アリゾナ州 グランドキャニオン ミーアクリスタル

 

美味しいランチも頂き、お土産も買い。

最後に立ち寄ったビューポイントで、私は一つの看板に、

目が釘付けになりました。

 

グランドキャニオン ミーアクリスタル

 

ロックにつけられた名前をよく見ると!!!

 

中央部、イシステンプルと書かれています( ゚Д゚)

その後方、シバテンプル( ゚Д゚)

そして一番手前は、クフ王のピラミッド( ゚Д゚)( ゚Д゚)

 

まるで違う国の神様、

イシスとシバが、、、どうして並んでいるのか???

 

古代エジプトの女神イシスと、

ネパール、インドのヒンドゥー教シバ神の寺院が、

何故横並びなのか、、、

 

私の家の祭壇は、イシスクリスタルとネパール産ヒマラヤ水晶が一杯で。

入り口には、虹のゲートと真のピラミッドを水晶内にもつ石が置かれています。

 

何故、クフ王のピラミッドが手前に、、、

 

何か宇宙から時空を超えて、

ミーアクリスタルが始まって以来の多々ある疑問に、

漠然とした答えを貰ったみたいで、

 

何かが完全に繋がって、そして完了したように思い。。。

 

しばし立ち尽くす、、、

急にハッと思い立ち、実際の景色に目を移す。

グランドキャニオン イシス寺院 シバ寺院 クフ王のピラミッド

 

看板よりもずっと美しく、色彩豊かな光景でした。

 

この時手にもっていたイシスクリスタルに、意識が向かい。

 

よく見ると、先端が尖ったイシス寺院、

そしてその背後に、先端が平らな水晶が、

まるで目の前の光景のシバ寺院。

 

アリゾナ州 グランドキャニオン イシスクリスタル ミーアクリスタル

 

今回無数に出会った、完全と思えるイシスクリスタル達。

アリゾナ州 グランドキャニオン イシスクリスタル

 

そうそう、ガネーシュヒマール産の氷のように透明な、

ヒマラヤ水晶のイシスクリスタルもあるんです。

 

ヒマラヤ水晶 イシスクリスタル

今回2019年のツーソンで、

どうしてこんなに、探してもそうないようなマスタークリスタルに、

石に次次と出会うんだろう?

そう思っていた答えが、ここに示されたようであり。

また追ってブログに書きますが↑

 

私の頭の中は、誰が、いつ、どうして!

この神々様の名前をロックに付けたのか、

その答えがどうしても知りたくて。

 

看板にもパンフレットにも、

その時ざっと見たネットにも答えはなく。

 

太陽が静かに合図をしたものですから、

宇宙に私の疑問を投げかけました。

 

アリゾナ州 グランドキャニオン イシスクリスタル

 

徐々に日も傾いていき、

 

悠久の時を刻む地層と言われるグランドキャニオンの上空に、

空も層状に色を変えて現れて。

 

アリゾナ州 グランドキャニオン ミーアクリスタル

 

そろそろ遅くなる前に出発する頃になって、

友人が先ほど出会った野生動物の名前を知りたいと言い出しました。

 

「ワイルドホースじゃないの?」と言いながら、

 

インフォメーションのラインに並びました。

 

すると。馬ではなく。

 

あの動物達は、エルクでした!

 

鹿の一種で、かなり体が大きく、

角がないと馬のように見えますが、

 

「これはエルクなんだよ!!」

蹄が違うから今度出会ったら見てごらん。

2つに割れているよ。

 

と、とても楽し気に話す彼の眼を見ていたら。

 

この人が教えてくれるような気がして。

 

写真を見せながら、

どうしてイシス寺院とシバ寺院が並んでいるのか?

誰がつけたのか?と聞くと。

 

目を大きく見開いて、

 

そこには、とっても素敵なストーリーがあるんだ!

よく聞いてくれたね。ゾロアスター教の寺院も仏陀テンプルだってあるんだよ。

と、嬉しそうにそのアメージングストーリーを語ってくれました。

 

「時は1880年代。

 

Clarence Edward Dutton というアメリカ人地質学者がおりました。

 

コロラド高原、ユタ州の地質、グランド・キャニオンの地史などを調べていた彼が、

ある時コロラド川を小さなボートで調査の為に下りました。

 

彼は世界の宗教や神々、その詳細についてもとても詳しかったそうです。

 

コロラド川の両脇に聳えるグランドキャニオンのロックの一つ一つが、

まるでそこに息づく神々のように見えてきて、

 

その意識の中では、

そこに神々と寺院が、延々と並んでいたそうです。

 

そしてその後、

クラレンス・エドワード・ダットン

により、

一つ一つの場所にその時見た寺院と神々の名がつけられたそうです。」

 

エルクが私の疑問に答えを繋いでくれたみたいで、

とても嬉しくなりました。

 

野生の動物たちは、いつでも何かしらのメッセージを運んできてくれます。

 

エルクに、ありがとうを告げて、

 

角度を変えた場所から、雄大なグランドキャニオン。

 

イシステンプルとシバ寺院、クフ王のピラミッドへと手を合わせ。

グランドキャニオン ミーアクリスタル

 

 

グランドキャニオンを後にしました。

 

偶然にも、ツーソンの買い付けにて。

一番最初に載せた光の叡智のカプセルのような石が、

その売り主を通してエジプトに繋がっているんです。

クフ王のピラミッドが光るように感じながら、、、

 

LOVE

ミーア

 

コメント
ミーアちゃん

ツーソンから無事にお帰りなさ〜い。
今回も良き旅であったようで、続きが楽しみです♪

余談ですが、
私の鹿革ちゃんたちの9割が、エルクスキンです。
ブフッ☆
  • Linn
  • 2019/02/24 9:51 PM
こんばんは!
この旅の日記が、私がちょうど20年前に旅した場所とそっくりそのままで。不思議体験はさっぱりなかったけれどもw!レイクパウエルも、レッドロックも何もかもとてもとても懐かしくて。ただ若くてやんちゃなだけだった自分を思い出しました。世界各地を旅しましたが、このエリアが地球上で最高に好きな場所です。今度は娘と行くでしょう。
エネルギーが吹き出す大地。
ミーアさん、私の中の埋もれていた宝を思い出させてくださって、ありがとうございます❁❁❁
  • としこ
  • 2019/02/24 10:57 PM
Linnちゃん、

ただいま〜!
なんか、帰りに飛行機に乗るまでずーーーっと動き回ることになり、帰ってきてしばらく脱力してましたが(笑)、
とっても良き旅となりました♪

なんですと!あの革コレクションがエルクとは!!

グランドキャニオンのエルトバってホテルに、
全部の鹿やエルクやムースの剥製が飾られてて、
ビックリだった。
  • Miah
  • 2019/02/25 10:31 AM
としこさん、

コメントありがとうございます☺
レイクパウエルも行きましたよ〜!
でも今年は水位がすっごく下がってるそうでした。

としこさんも色々な所を旅されたんですね。
私もアリゾナ、ユタ、辺りが大好きで、
地上の別世界のように感じます。
今度娘さんと行ったら、きっと感動2倍ですね☺

今度は冬ではない時に、もっと先まで巡りたいです♪
  • Miah
  • 2019/02/25 10:38 AM
水平線が、まっすぐ。

朝の空が、綺麗な紺、紫、そして、黄金の光。

雄大な地球に癒される〜
  • ラリマー
  • 2019/02/25 10:00 PM
ラリマーさん、

コメントありがとうございます(*^-^*)

本当に雄大な地球を感じる場所でした〜。

朝日は極寒でしたが、空が絵本のように美しかったです♪エルクに一杯会えた!満足(笑)
  • Miah
  • 2019/02/26 5:53 PM
コメントする








    

ミーアクリスタルショップ

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

メールマガジン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM