最終目的地、スフィンクス

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

JUGEMテーマ:スピリチュアル

JUGEMテーマ:パワーストーン

 

何故かこの、最終目的地のブログを書くのに、

時間がかかった。

起きてきたことを全てただ、箇条書きにしようかな?

そう思ったら、書きたくなったから不思議です。

 

虹色の雲のサインに背中を押されるように、

スフィンクスロックのパーキングに着くと。

 

この日は日曜の午後。

もちろんパーキングは満車。

 

しかしながら、待たずにすぐに空くという、

強い感覚があり。

 

少しして。

 

「君たちはものすごくラッキーだね」と、

二人組の男性が笑顔でハイキングを終え、

私達の目の前の車に乗り込んだ。

 

そしてラッキーにも、待たずに車を停めることが出来た。

 

その直後に、

 

警察の大きなバンがパーキングに入ってきて、少し先で止まった。

何かあったのかな?と、少し不安になって見ていると。

 

3人組のアフリカンの女の子達がはしゃぎながら降りてきて、

ポリスたちにサンキューサンキューとお礼を言っている。

 

「楽しんで来て!」と白人のポリスが笑顔で手を振って去っていった。

 

アイルちゃんがすかさず、

 

もしかしてあなたたち、ポリスに送ってもらったの?

シャトルみたいに??と聞くと、

 

3人が大はしゃぎで、イェース!イェース!

路上駐車したところからここまでが遠いから、

通りがかりのポリスに送ってって言ったら、乗せてくれたそうだ。

 

何故か私まで嬉しくなった。

 

なんとなく一緒に歩き始め、

途中までハッピーガール達と一緒に行った。

 

直ぐに王冠を被ったような、スフィンクスロックが見えてきた。

 

スフィンクス セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

そして、このスフィンクスの真下には、

デビルズキッチンという、地盤沈下によってできた、

巨大なシンクホールが広がっていた。

 

スフィンクス セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

この穴が見渡せるところまで登ろうという事になり、

ひたすらロックをあがりつづけ、

 

とても景色のよい場所までよじ登った。

 

スフィンクス セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

真下にデビルズキッチンが、口を開けていた。

 

 

 

アイルちゃんがお祈りを始めると、

 

デビルズキッチン セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

ものっ凄い風が吹き始め、

雲たちが一斉に動き出した。

私は静かに太陽に交信した。

 

暫くして、

 

真正面の雲が、アリの姿になった。

 

スフィンクス セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

大地の守護者であるアリが、天空に現れた。

太陽にアリが合図すると、

光がデビルズキッチンの中へと、放たれた。

 

そして私は、

アリンコのセレモニーの事を、

とても懐かしく思い出していた。


満月の太陽セレモニー 


あの時のサンダーマウンテンが、

右後ろ方向に聳えてた。

 

恐れる人もいるけれど、、、

 

心からの感謝を捧げたなら、

大地の精霊とその奥深くで繋がれる、

デビルズキッチン。

 

 

突風が吹き続けているというのに、、、

風の声なのか、

美しい音が耳の中を抜け、

 

はっと見上げると、

 

デビルズキッチン上空を、

ベビードラゴンのような雲が、

舞い上がった。

 

デビルズキッチン セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

動画はコチラ

 

どうしてそうなのかは分からないけれど、

脱力するような安心感が全身を巡ったから、

目の前の光景に、手を合わせた。

 

しばらくして、

風の音が心地よく変わった頃。

 

この岩を降りた。

スフィンクスの近くまで登れるというから、

行ってみると。

 

木陰から、どこからともなく、次々と子供達が現れてきて、

岩場を登っていった。

 

デビルズキッチン セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

アイルちゃんですら、この先迄登れるの?というから、

普通は登らない場所なんだと思う。

 

しかしながら、まるで未来から来た風の子供のように、

軽々と昇っていくから、ついていった。

 

スフィンクス セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

身体が急に軽くなって、意味もなく楽しかった。

 

スフィンクス セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

かなりの傾斜も、何かに押されたかのように、

軽く昇っていくことができた。

 

スフィンクス セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

なんとなく、この辺りで思ったことは。

ライオンの子か?、私達は。(笑)。

大地の母ライオン、スフィンクスに谷底に突き落とされて、

上がって来いと言われている気分だった。


 

スフィンクス セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

途中から、雄々しいレッドロックのスフィンクスとは対照的な、

白い小さなスフィンクスロックも、視界にはいった。

 

スフィンクス セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

かなり上まで登ったところで、

道先案内のように現れた子供たちが、

帰っていった。

 

その直後、アイルちゃんに「前見て!」と言われて、

前を見上げると、

 

真っ白な珠が光って見えた。

「あ!なんか生まれるんだ!」

直観が、そう告げていた。

 

 

しかしながら、肉眼では、、、

色のトーンが一際明るい、丸い雲の姿をしていた。

 

スフィンクス セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

子供たちは去ったけど、

 

そこに更に道が見えてしまったので、

私達は一番上まで上がっていった。

 

スフィンクスのご神体に触れるところまで登ると。

 

かなり衝撃的!

丁度スフィンクスのお腹の辺りに、祠があった。



 

うわー、うわー、とウロウロしながら眺めていると、

 

 

 

アイルちゃんがセレモニーをすると言いだした。

 

石持ってるでしょ!出して。と言われ、

ごそごそとリュックの石を全て並べた。

 

始めるよ、と言われた時に、

時計をみたら、、、17:17

 

うっわ。イナンナが来てる、、、

 

アイルちゃん、金星のイナンナが来てるよ。

 

といいながら、先にアイルちゃんが祠にはいり、

そして私が入った。

 

スフィンクスの祠 セドナ アリゾナ

 

ものっ凄くパワフルな空間であり。

 

心地よいは最初の3秒。

あまりに痺れるエネルギーに、

痛ーい!と絶叫したアイルちゃんを、

大げさな、、、(笑)。と笑った所、

 

自分の番になって、同じく叫ぶ(笑)。

 

祠の中を、稲妻のようなエネルギーが走ってた。

 

どの位たったのか、時間も忘れた頃。

 

セレモニーは終わり、辺りが紅くそまり始めてた。

 

スフィンクスの祠 セドナ アリゾナ

 

少し下ったところで、

 

刻々と空が色を変え始めた。

セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

その世界の全てが、美しかった。

 

セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

 

スフィンクスの祠のセレモニー。


 

セレモニーの前に全て、、、

車を停めたその時から、

 

スピリットが伝えたいことを、

道すがらに、プロセスとして見せてくれていたから、

 

始まりから終わりまでが、全て繋がった。

大地に額をつけて、お礼をした。

 

そらが金色に光ってた。

セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

全ての人が去り、誰もいない駐車場に戻った時には、

夜が始まりかけていた。

 

セドナ アリゾナ ミーアクリスタル

 

翌日に、沢山の人と会う事になるとは、この時はまだ知らず。

 

LOVE

ミーア

 


コメント
うわぁ〜〜〜☆☆
ミラクルの連続に、私も興奮しながら読んでおります(^0^)♪

スフィンクスのすごい崖を登る姿に、ひょえ〜大丈夫??
と心配したり、祠の発見にもワクワクしたり、
イナンナとのセレモニーも、びっくりしました。
すべてはハートの導きのままに行動を起こしているミーアさん。
その体験・姿勢に私も学ばせて頂いています。
ありがとうございます!(*^0^*)
(でも、お気をつけて下さいね〜〜♪☆)

  • エミリー
  • 2020/03/08 7:27 AM
もう感動の何ものでもない。涙があふれる。ありがとう。
  • すみ子
  • 2020/03/08 10:34 AM
エミリーさん、

わーい!読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)

空がとにかくキレイで、他に誰も上がってこない場所だったので、本当にありがたい時間が過ごせました。突風が吹いたりやんだりしながら、神秘的な大地♪登っている時は全く気になりませんでしたが、写真で見るとかなり急斜面ですね(笑)。

すみ子さん、
暖かいコメント、ありがとうございます(^^♪
アイルちゃんが一緒だったので、ミラクル倍増で心強かったです。このセレモニーの後、顔が二人共変わって、私は翌日まで小学生みたいな顔になってました(笑)。今は戻ってます♪
  • Miah
  • 2020/03/08 9:00 PM
コメントする








    

ミーアクリスタルショップ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

メールマガジン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM