コンドルの光

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

JUGEMテーマ:スピリチュアル

JUGEMテーマ:パワーストーン

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

ネパールからヒマラヤ水晶彫刻のサラスバティと、

緑泥クリスタルが届き。

 

晴れたら撮影しようと思っていたけれど、、、

 

梅雨真っ最中。ちっとも晴れないので。

 

部屋の中に簡易撮影スタジオを創ることにした。

 

が。

 

最近私は、ミシンに嵌っている(笑)。

ちょっとお直ししたい服があって、ミシンを買ったところ。

色々な機能が面白すぎて、カタカタと作り始めたら、

止まらなくなり。基本、オタク体質なので、夢中になると時忘れる。

 

リビングにはミシンと裁縫道具が広げてあったので、

どこの部屋に撮影スタジオを創ろうかとウロウロした結果、

 

ヒマラヤ水晶宮のエリックのオフィスに創った。

 

沢山のヒマラヤ水晶がひしめき合うその部屋で。

 

よーし、久々に撮影するぞ!

と張り切ってみたものの。

 

ずーっとあるメロディが頭の中に流れ始めて、

集中できない。どんどん大きくなっていく。

 

それは、フォルクローレの「コンドルは飛んで行く」だった。

 

コンドル

 

そのリズムを聴きながら、私の脳裏にある光景が浮かんだ。

 

南米のマチュピチュに旅した時のこと。

麓のマチュピチュ村で、夜にレストラ「ンで停電し。

それでも暗闇の中でバンドの演奏が始まった。

「コンドルは飛んで行く」が流れ始めた時に、

真っ白な飛び立つ光が辺りを包み、背中が痺れた。

これ、肉眼でも見えているけど写真に写るのか?とシャッターを切ると、

飛び立つ白いコンドルのような煙が移っていた。

 

↓その時の写真とブログ

南米の旅 〜光と闇が出会う時〜

マチュピチュ村 コンドル

 

私の中ではとても遠い記憶のようで、

何年も思い出しもしなかったというのに。

どうしてこのタイミングで、、、

 

と、走馬灯のようにこの時の事を思い出していると、、、

 

「光と闇が出会う時、

コンドルのスピリットが舞い降りる。

地上を去っていた神の目を持つコンドルのスピリット(光)に、道が開かれる。」

 

そんなメッセージがハートに何度も繰り返し、、、

 

撮影は中断された。

 

翼を広げれば3mに至る巨鳥コンドル。

ナスカの地上絵にも描かれているコンドルに思いを馳せると、

 

次元が変わり、目の端の空間が歪み初めていた。

 

「光と闇が出会う時、

コンドルのスピリットが舞い降りる。

地上を去っていた神の目を持つコンドルのスピリット(光)に、道が開かれる。」

 

2020年7月後半、

 

そんな時が来ているんだな、と何故か身が引き締まる。

 

旅先でコンドルのスピリットを見たのは、2009年の事。11年も前だった。

 

浄化、死と再生、神の目、上昇、新たな道、そんなキーワードが現れてきていた。

 

気になってコンドルの生態系についてネットで調べると、

 

巨鳥「コンドル」は、南米大陸だけに生息するまさにシンボルともいえる存在です。
その巨体を宙に浮かせるために、コンドルは“上昇気流”を必要とするために、

アンデス山脈を中心とした風の吹く場所に生息します。
コンドルの寿命は50年ともいわれ、コミュニティで群れの中で暮らしています。

つがいは一生同じで、1年おきに卵を1、2個生みます。
早朝の谷に上昇気流が吹く時間は、巣からコンドルが飛び立ちます。
死肉を食べるコンドルは、生態系で重要な役割を担います。

死肉から疫病が広がるのを未然に防ぐのも、分解者としてのコンドルの役目なのです。

タカやワシと異なり、コンドルは生きた生き物を襲うことはない温和な生き物ですが、

飢えれば羊やアルパカをしとめることができる荒々しさも秘めています。

<↑PhotoBlog 松井章 写真事務所から抜粋>

 

どうしてか、サラスバティが動いたら、

直線に流れていた時が輪になり出したように感じ、

忘れていた過去の光が繋がりだした。

 

流れるように旅をした、南米も楽しかったな、、、と思い出しながら。

↓実際のコンドルにも会ってきてます。↓

南米の旅〜コンドルの渓谷〜

南米の旅〜太陽とコンドル〜

そんなこんなで、水晶宮のオフィスは違う次元に繋がってしまい、

やっとやる気を出したのに、仕事にならなかった!(笑)

ミシンをしまって撮影スタジオを引っ越しすることとする。

 

LOVE

ミーア

コメント
コメントする








    

ミーアクリスタルショップ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

メールマガジン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM