エジプト旅行記?〜イシス神殿と光の手〜

ステキな太陽の光に迎えられ、イシス神殿の中へ☆

本当に、一面に描かれつくしている壁画の数々。
この時ほど、ヒエログリフが読めたら、百倍楽しいのに〜〜、と思った事はない。

それでも、分からないなりにも、眺めているだけでも無数の空想がよぎる。
あーーー、時間よもっとゆっくり進んでくれ〜〜!

生命の鍵を現す、アンクか!
ここから、壁画写真のオンパレードです。

エジプト イシス神殿

エジプト イシス神殿

おお!十字マークも、、、
エジプト イシス神殿

あ!アンクが口に〜〜、、、
エジプト イシス神殿

これは、至誠所の入り口の上方壁画。
エジプト イシス神殿

一人、ワクワクしながらウロウロ壁画に見惚れて歩き回る。
神殿の中には色んな部屋もあり、それぞれが違った空気を醸し出している。

連れてきた石達が、一緒にワクワクしてるのか、背中に汗が流れる。

光の差し込む神殿内で、石の写真を撮っていると、、、

エジプト イシス神殿

前方に、ガラベイヤ(←エジプトの民族衣装)を着た、ここで働くおじさんが現れ、ミーアの石を見て騒いでる。

それは特別な石だ、触らせてくれと言って近寄って着た。

ギョギョギョびっくり

ダメだよ!これはミーアしか触らないと天使と約束したし、おじさんの手は汚れて真っ黒だった。

優しく断ったが、お構いなしに近づいてきて、石に手を伸ばしてきた。
ギャオーーーー!

エジプト イシス神殿

おじさんの手が、ミーアの手に触れた瞬間に、不思議な事が起きた。
ほんの一瞬の出来事が、走馬灯のように長く、何時間にも感じていた。

一番最初に、このおじさんの苦悩や、重たい感情が入ってきた。
しかしながら、ほぼ同時に、物理的には真っ黒で汚れていた手が、
眩い光を放って見えた。

美しい光の手だぁ。 ただ、そう思った。
1点の光を発見すると、全てがひっくり返った。
外側に見えるおじさんの姿や、回りを取り囲む感情体のもっともっと奥に
、神聖な光に焦点が定まり始める。

約束も何も忘れて、存在の放つ光と、石の光を共鳴させたい。
石も私も、このおじさんが大好きだ。

そう思った瞬間に、石をおじさんに渡してた。

あんまり嬉しそうに石を眺めて、オレと石の写真を撮ってくれとせがまれた。

写真撮るからこっち向けと言ってるのに、石から目が離せない様子(プッ)

ハイ、チ〜〜〜ズ!パチリ☆

エジプト イシス神殿

ミーアはすかさずおじさんに手をだして、バクシーシ♪とギャグでねだってみた。

(注:バクシーシはイスラム圏特有の「富める者が貧しい人に分け与える」という習慣で、観光客が写真などを撮ってもらうと、必ずバクシーシと言ってお金をねだられる)

おじさんは、自分がバクシーシ♪とねだられた事がないのか、
大爆笑☆ミーアのギャグがウケた模様。

二人でゲラゲラ笑った後、ふと、我に戻った。

今の出来事はなんだったんだろう?
ま、いっか!

気を取り直して外にでた。

太陽とコブラが彫られた横に腰を降ろして、しばし休憩。
エジプト イシス神殿

外の景色を眺めるミーアに、包み込むような美しい波動が降りてきた。

「そう、その通り、それでいいのです。

光のイニシエーションを授ける前に、あなたを試しました。

もしも、あなたが人々の持つ光よりも、闇に注目し、恐れたり、遠ざけたなら、、、

神聖な光もあなたから遠のきます。
常に供にありなさい。

癒しとは、純粋な愛を通してしか、起こり得ないのです。

もしもあなたが、自分が光で、相手が闇だと判断したなら、
あなたを通して流れ出る光は、闇を連れてあなたに戻ってくるでしょう。

とても大切な事です。この法則を忘れないで。光を見つめなさい。

相手の中に、純粋な光をみる、澄んだ瞳が必要です。

自分の受け取る光と、相手の光を共鳴させるのです。

光の共鳴が起きたなら、その人は、自分自身の力で、自らを癒し始めます。
自分自身の光で、自らの闇を照らし始めます。

そして、あなた自身も、計り知れない喜びの恩恵を受け取るでしょう、、、

自分自身を、自分のワークを、常に喜びの神に捧げなさい。

どれだけ多くの人が、闇の神に自分自身を捧げているかを知ったら、
あなたはきっと驚くでしょう。」

本当は、少し不安になっていた。
約束を破ってしまったから、もう光の精霊達はミーアから消えてしまうかも。。。って。

だから、この時胸に響いた言葉が、本当に嬉しかった。
ありがとう。おじさんも、石も、この神殿も、そして光と太陽も。

その後ミーアに起こったことは、胸に秘め、神殿を後にした。

とーーーーっても長い時間を費やしたように感じたが、ちゃんと集合時間には間に合った☆ホッ!

再生と復活を司るイシスヒーリング。
新たに始めるヒーリングの事が胸に湧き上がる。
光の存在たちが示した指示が、あまりに細かく、正直驚いた。
大丈夫と信じるしかない。私の準備が整ったら、またご報告します☆

旅は中盤、まだまだ続く〜♪

イシス神殿LOVE
ミーア

いつもクリックありがとう〜☆
コメント
ミーアさん、こんにちは。

この写真の石ってセドナにも持って行ってた石ですか?ちょっと形が変わってるな〜・・・って思っていたのですが、天使との約束だなんてミーアさんて超・超人のような方だったんだ〜!!って今更ながら驚いています。その石の凄さに気付いたこのおじさんも凄いけど!
本当に石を凝視(なんだかすごく慎重に持っていますよね!)している姿に私も笑ってしまいましたよ〜。

今日のブログも楽しかった^^
ミーアさんのその後に起こった事がすっごく気になるけど(笑)、ヒーリングで色んな人と関わるミーアさんにこのような出来事が起こる事はやはり必然だったように思います。
じゃないと、私がミーアさんに見てもらいたい時に拒否されちゃったりして・・・なんて不安なくなるもの^^
  • 月子
  • 2008/05/20 4:29 PM
ミーアさん、こんにちは。
ミーアさんに今回オーダーペンダントをお願いしており、
楽しみに待っておりますが、
同様に楽しみなのが、旅行記!
写真も綺麗☆ですね。
私もエジプトが大好きだからでしょうか、今回は、今まで以上にワクワクして読んでいます^^
近いうちに、私にもエジプトに行く機会が訪れますように!

最初は、ミーアさんの手がけるアクセサリーの美しさにに惹かれ購入していたのですが、
イシスと子宮の日記を読んでから、内側にグングン引き込まれていきました。
イシスと子宮、イシスと子宮・・・と、一見関係ないように思えるものが、何か私には響いてきました。

そして、ついにミーアさんは、
イシスの女神にご対面!
イシスパワーが、ミーアさんにも私にも日本の皆さんにも降り注いでくれたらいいな〜。
旅行記、まだ続きますよね!?
楽しみにしています。


  • ユーディア
  • 2008/05/20 5:03 PM


"あなたを通して流れ出る光は、闇を連れてあなたに戻ってくるでしょう。"

とっても感慨深い言葉ですね。
ハッ( ̄□ ̄;)!!とさせられました。
写真素敵ですね。おじさんの表情もばっちりです。続き、楽しみにしていま〜す。
  • あきかぜ
  • 2008/05/20 6:28 PM
月子さん、

こんばんは!

そうそう、この写真の石はセドナにも持ち歩いてました^^

最近のミーアのお気に入りです☆

それにしても、おじさん可愛いでしょー♪旅の良い思いでになりました。



ユーディアさん、

こんばんは☆
わーい、旅行記をワクワク読んでくれる方がいるとは!
独り言日記も役にたってるとは、ありがたいことです♪

イシスヒーリングをブログに書いてから、実際に神殿を訪れるまでに2年も経ってました〜(笑)
最初に書いた頃が懐かしいです^^
読んでくれて、ありがとう!

相変わらずマイペースですが、このまま突き進みます☆



あきかぜさん、

こんばんは!

今回も、学びの多い楽しい旅となりました(@^∇^@)

おじさん最高でしょ〜☆
石に釘付けな視線が、ミーアと同じ何かを感じさせてくれました。

続きがまだ長いです〜(笑)


  • Miah
  • 2008/05/20 9:40 PM
ミーアさんのヒーリング待ち遠しいです。わくわく(^^)
  • ミラクル☆みっふぃ
  • 2008/05/21 12:16 PM
ミラクル☆みっふぃさん、

こんばんは☆

目下、準備中v(≧∇≦)v

始める際にはご報告しますね〜^^
  • Miah
  • 2008/05/21 10:34 PM
ミーアさん、こんにちは。
いつもながら、面白いですね〜。
いつも笑いながら拝見してます。
しかし、光と闇についての成り立ちは非常に勉強になりました。
澄んだ瞳が必要ですね〜。
私も、一度ミーアさんのヒーリングを受けてみたいと思いました。
  • ミモザ
  • 2008/05/22 10:33 AM
ミモザさん、

こんにちは☆

わーい、楽しんで頂けて嬉しいです〜v(≧∇≦)v ありがとう!

色々学びの多い旅でした^^

普段はデビルな視線になることも多々ありますが(笑)
大切な時には、最も澄んだ瞳で真実を見たいな、と思います☆

ご縁があったら、是非会いにきてくださいね〜♪
  • Miah
  • 2008/05/22 11:05 AM
コメントする








    

ミーアクリスタルショップ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

メールマガジン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM