クラビのタイガーテンプル

クラビ川の洞窟で不思議な光景を見た後。。。

数日間、ボーーーーーっとしていた。
身体に力が入らないし、何をする気にもならなかった。
そして何より、5月初旬のクラビは暑かった。

きっとこの暑さが、私を怠け者にしてるのだ。

クラビ周辺には、興味深そうな観光スポットや洞窟がいくつかあった。
行ってみようという気は起きるけれど、行動に移せずに、
明日にする〜?とかいいながら、ウダウダしていた。

ある暑い日の午後、昼寝をしていると、
夢の中で、繰り返しチャンティングが聞こえてくる。

「ヤングレディ、ソーレイジー(若い女性は怠け者)♪

 ヤングレディ、ソーレイジー♪

 ヤングレディ、ソーレイジー♪」


目が醒めて、胸の中で何度もこのフレーズがコダマしていたから、
すごく気になった。


が、


同時に開き直った。

女はちょっと怠け者ぐらいで丁度いいのである。
度を越しちゃいけないけれど、少々怠惰な女の方が魅力的だと思うのだ。

フン!

と、夢の中のチャンティングを聞き流した。

そして、宇宙は偶然を装って、
行くべき所に私を運ぶって事を、完全に信頼した。

例えミーアが、怠け者でも☆


そんな暑さの中でも、絶対にやりたい事が一つだけあった。
それは、クラビでゾウに乗る事。

話は今年の2月に遡る。
アリゾナのツーソンで石の買い付けの旅の帰り道。
この時は特に、女神イシスのクリスタル達が、沢山私の手に降りてきた。


フェニックスで、ふと自分達の意識が不思議な次元へと繋がって行った時に、通りに出てビックリした。

自分たちがいる場所が、セントラル000番地という、
都会の森のど真ん中に立っていた。
その時のブログ

そして、その気付きがやって来た店が、”タイエレファント”というレストランだった。

ま、それだけの理由でタイでゾウに乗ろうとしてる自分にも、かなり笑える訳ですが。

成り行きからして、タイに来たらゾウ。とミーアの中で決まっていた。

怠け者モード全開だったので、色んな観光を全てパスして、
午前中のゾウ乗り1時間だけを手配した。


暑さに弱いので、朝の一番早い時間を予約してゾウ乗りに行ったのですが。


既にゾウは他の観光客を乗せて出払っており、
この先のテンプルに連れていくから、2〜3時間見学して来てくれと言われる。


えーーーーー!、ありえないでしょ〜〜〜〜〜!びっくり

午後の暑いのは嫌だから、朝一で予約したのにー、と、
ブツブツ言いながらも、仕方ないので”タイガーテンプル”とやらに、
車で連れて行かれた。

何故か、ゾウに乗りっぱぐれたハンガリー人の女性も一緒になり、
3人でお寺へ。

そこは、洞窟の中に美しい仏像が並ぶお寺だった。
なんでもこの周辺の山の上の洞窟の中で、トラと一緒に暮らしていたお坊さんがいるそうです。

タイガーテンプルの名前の由来はそこから来ているそう。



この時、お寺の入り口で紅色の紐を手首に結ばれた。

紅色、クリムゾン。

お守りだそうですが、まだ取れず手首に巻いてある。


お寺は洞窟が2階まで続いていた。
一通りゆっくりと見終わって外にでると、

まだゾウは戻らないらしく、この先の山の上のテンプルまで登るか、
洞窟巡りをしてこいと言われる。

日差しは強くなり、かなり暑くなってきたので、
山登りは断った。

仕方ないので、3人で連れたって洞窟廻りへ。
やっぱり洞窟へ行く運びになってる事が、ちょっと面白かった。

少しあるくと、そこはまるでジャングルだった。

そして、不思議な形の岩が沢山現れる。

タイ クラビのタイガーテンプル周辺

仕方なく来た割に、かなり興奮してる自分がいたりして。

そこは、
サインに沿って広いジャングルなような森を歩くと、いくつもの巨木と
洞窟が交互に現れる、不思議ワールドだった。


洞窟の中には、凄い鍾乳石らしきものが目に飛び込んできた。

タイ クラビのタイガーテンプル周辺


うわぁ(;´∀`)―--これ、凄い!と、自然の造形美に圧倒され、
前に回ると、


タイ クラビのタイガーテンプル周辺


祈りの場が作られていた。

誰もいない静かな洞窟。

まるでタイガーテンプルの奥の院みたい。
この場所が気に入り、ずっと座っていたかった。

鍾乳石から、滴る水滴が、、、

タイ クラビのタイガーテンプル周辺

長い長い年月をかけて、石筍となるのかな。


外はとても興味深い岩や、巨木が続く。

タイ クラビのタイガーテンプル周辺


蛇の洞窟なんてのもあったけど、さすがにここはパス。

タイ クラビのタイガーテンプル周辺


巨木好きのミーアは、ゾウの事も忘れ、森に嵌り込んでいく。

タイ クラビのタイガーテンプル周辺


先端が二つに分かれた、ツインツリー☆

タイ クラビのタイガーテンプル周辺


巨木たちは、確実に何かを発している。
私達の細胞が光で泡立つような、不思議な波動を。。。

タイ クラビのタイガーテンプル周辺


時間も忘れて歩き回った。
きっと2時間以上経っていたと思う。


そろそろ戻ろうか?ゾウも待ってるしね。

そう言って森を出る時には、とても名残惜しい気持ちで一杯だった。
不思議な気で満たされたようだった。


「素敵な森に呼んでくれて、ありがとう☆」

タイ クラビのタイガーテンプル周辺

そう告げて、数歩あるくと、


近くで瞑想をしていたタイ人のおじさんが、目を開けて話しかけてきた。
君たちは、この後山の上のテンプルに行くといい。
とても素晴らしい眺めと、下のテンプルよりも素晴らしいものが見れる。
これから行くといい、と強くすすめてきた。

あのー、でも私達これからゾウに乗りにいくので。
山の上はまた今度。

そう言うと、黒ブチ眼鏡のおじさんは、いきなり大きな声で

「OH、、NO!!ヤングレディー、ソーレイジー!!」と言い放った。
びっくりびっくりびっくり

前日の夢の中のチャンティングと重なって、
心臓が止まるかと思うほど、本当にビックリした。

そして、このおじさんの顔が、脳裏に焼きついた。



私達は、このサウナのような暑さの中で山を登るなんて、
とても考えられなかった。

色んな思いが交差しながら、イザ、ゾウ乗りへ。。。

ランキングに参加しております☆

LOVE
ミーア


コメント
ミーアさん はじめまして。
天然石が大好きで、ネット上をあちこち旅していてら、ミーアさんのブログとお店を見つけました。

いつも毎回ミーアさんの日記を読ませてもらっています。
ミーアさんの日記はすごく神秘的で、日記を通して大好きな石や、巨木、仏像に出会わせてもらえることに、ワクワクたり 気付きをもらえたり・・・♪いつもいつも、日記を通して、ミーアさんと会話をしているような不思議な気持ちになっていました。ありがとうございます。
いつか お礼と気持ちを伝えたいと思いながら、中々出来ずにいました。

これからも、ブログを楽しみにしています。
お体を大切にして、すてきな旅を続けてください☆
  • ひろこ
  • 2010/06/16 10:39 AM
一枚目の写真、左側の岩がゾウに見えるんですが。。
(右側はすわった猿か、鹿のようですね)
不思議な写真です。一瞬タイのゾウって、このことかと思いました。
  • yukane
  • 2010/06/16 11:06 AM
ひろこさん、

初めまして、ミーアです(*^_^*)
ブログを読んで下さって、ありがとうございます〜☆

気ままに旅での出来事を発信していますが、
どこかで何かのお役にたっていたら、大変嬉しく思います^^

当分日本でのんびり予定!?ですが、予定は未定。どうなるやら??

これからも、宜しくお願いします☆



yukaneさん、

こんばんは!

言われてみれば、写真の岩がゾウに見えてきました〜☆

この辺りの岩やら鍾乳石達は、
本当に生きてるみたいな感じでした。

次のブログで本物のゾウが登場します(*^_^*)

  • Miah
  • 2010/06/17 12:02 AM
コメントする








    

ミーアクリスタルショップ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

メールマガジン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM